薪ストーブなんて・・・

最初の年は木をもらう、見つける、運ぶ、に労力を使った。
「ただ」「free」で薪を集めようと。
でも実際にはとても大変なことだった。
常に目を光らせて、こっそり?取りに行く。
でも、こうやって原木で買うと、同じ太さが一度に揃う。
切るのも割るのもとても楽ちん。
我が家は森の中だから、日差しがあたりずらいし、
風の抜けもよくないから、薪の乾燥が遅い。
となると、春から切って割ってしても、乾燥不足気味。
となると、薪ストーブの中で、薪に火が通りずらく、
薪から泡が出てくる。
となると、煙突にススみたいのがついて、
不完全燃焼などなど、いろいろな問題の原因になる。
だから今年からは1年先の薪作りまでやっておこう、と一応なっているが・・・

今年ほど灯油が値上がりしたら、薪でよかったねー。とホクホク。
そうじゃないと、トントン?程度。
だって、それだけの労力を考えたら、人件費を考えたら、トントンどころか、オーバー?
でもこのほんわかあったかさは、体に気持ちいいんだわ。
やめられまへん。

薪ストーブなんて優雅に見えない?
とおんでもござあません。
火になるまでの労力といやー。ああた。
原木を切って、割る。この作業は「やってる!がんばってる!」って
充実感ありありだけど、ここからが地道なのよ。
できた薪を乾かすために、運ぶ、並べる、積む。
冬前には薪を薪小屋へ移動、運ぶ、並べる、積む。
冬になると使う分だけ、毎回家の中へ、運ぶ、積む。
字を並べると、ふーん、そんだけじゃん、って感じかも。
でもこれが、重いんだわ。腰にくるんだわ。
だから、やっぱり薪ストーブは、お年寄りには、難しいと思う。
だから、私たちも年を取ったら、暖房をオイルヒーターとか、
何かに変えていかないといけないね、と話しをするです。
そして、秋には近所の枝を拾い集め適度な長さに折る。
これもちゃんとしとかないと、薪に火は入らない・・・

しかし、これから灯油もまだまだあがり続けるのだろうから、
そのくらいの労力惜しまず、がんばるのでR。
[PR]
by highway99 | 2006-05-13 14:47 | Life


セミセルフビルドで建てたログハウスでの田舎暮らしのブログ


by highway99

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フォロー中のブログ

麦小舎に暮らす
七ヶ月たより
川久保貴美子のモノ作りのはなし
j's kitchen
自然色の染めと織り ノノ...

カテゴリ

全体
Life
Bread
Dog
家作り
のはらでランチ
Backpakers
CANADA
食べ物

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧