ほん!

久々に本、買っちゃいました。

司馬遼太郎の「二十一世紀を生きる君たちへ」
安藤忠雄の「連戦連敗」

「二十一世紀・・・」は司馬さん(連れみたい)が大阪の教科書を作る会社から、
子供達向けに書いてください、と言われ10ケ月かかって書き上げたもので、
どんな歴史小説書くより難しかったそう。
「自分に厳しく、他人に優しく」
「いたわりや優しさは本能ではなく、鍛えて作りあげていくもの」
「例えば友達が転んだ、痛そうだな、大丈夫かな、と心配する」
「みんながそういう気持ちを持ち続ければ、他民族をいたわれる」
「君たちの未来は太陽のように輝いている」

んんん、すてきでした。

ぶとうを食べているオチビにわかるようにサラっと読みました。
「あのね、今日、○○ちゃんがね、
○○くんの足にひっかかって
ずってーんって転んだんだよ!
すっごいおもしろかった。すっごい笑った」
「・・・・・」

「連戦連敗」は建築家だけじゃなく、一般の人も読んだら、
やる気と勇気と夢と元気が出てくる、みたいなことを読んだから買った。
中見ると、かなり本格派。
難しそう。
ありゃりゃ
[PR]
by highway99 | 2006-11-29 13:36 | Life


セミセルフビルドで建てたログハウスでの田舎暮らしのブログ


by highway99

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フォロー中のブログ

麦小舎に暮らす
七ヶ月たより
川久保貴美子のモノ作りのはなし
j's kitchen
自然色の染めと織り ノノ...

カテゴリ

全体
Life
Bread
Dog
家作り
のはらでランチ
Backpakers
CANADA
食べ物

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧