半音上げ一度打ち

e0049598_2032677.jpg今年は猛暑撤回、例年並ではなかったろうか?
この暑さはなんたるこっちゃ。さんたるちーや
白馬で33度。長野市に行ったら
36度。37度。
もうあがらんやろ。
38度。
いやいや、もうあがらん。ありえへん。
39度。
まいった。
白馬の短い夏、お祭りがはじまった。
五竜の花火。
今回はすごい。
パイレーツオブカリビアンにあわせて、花火があがる。
ちゃんちゃんちゃらちゃんちゃんちゃら
パンパンパン!
音楽にあわせて花火がとぶ。なる。
すごい、きれい!
おなじみスターマインとは違って、あたらしかった。かなりよかった。
e0049598_20352063.jpgピアノの調律屋さんに来てもらった。
10時開始。
一音一音あわせていく。
私はパンを焼く。
キッチンをバタバタ、
ガチャガチャ騒がしくする。
耳が勝負、精神集中してるのに、
ごめんなさい。
12時。
ふあー終わったかと思いきや
「あのですね。
かなり、あの・・・」
なんだかよくわかんないが、
針金みたいなのが切れたり、なくなってたりして、
鍵盤一つ一つを
ボンドと針金とピンセットで直していかなくちゃいけない。
「10本くらいですね。
今からやって1時間でできるところまでやります。」
1時過ぎ。
「思ったより多かったです。88?本あるなかで44?本。
半分が切れてました。また夕方にきてできる範囲やりますね。」
うむうむ。
こりゃ大変だ。
ピアノの中から履歴書みたいのでてきた。
54年 町田(名前) 
55年 町田     
毎年のように町田さんがきて調律をしてもらっていたピアノ。
60年の次は
平成元年 町田
をあとに、次は
平成15年 半音上げ一度打
で終了。
今回の調律の近田さん、びっくり。
「ドの音がシの音になってたってことですよ。すごいことです。
でも、よくここまでこれたな、という感じです。」とびっくり。
そう平成15年、このピアノは横浜から白馬にやってくる時、
調律してから、運ばれてきたのだ。
そういえば、平成元年から15年までの間に
ピアノは殆どひいてもらえず、
大阪から横浜に引っ越してきたっけ。
私が10歳の時に高知のおばあちゃんに買ってもらったピアノ。

調律終わってパラララとひく。
音が澄み切ってる。
輝いてる。
とってもきれいな音。
涙が出そうになった。
生き返ったピアノ。
「大切に大事に使ってくださいね」と近田さん。
うちにきてから汚れ、ほこりまみれ、
鍵盤はベトベト。
これじゃいかんいかん。
大切に弾いて、
また来年残りを直してもらおう。 
[PR]
by highway99 | 2007-08-12 20:52 | Life


セミセルフビルドで建てたログハウスでの田舎暮らしのブログ


by highway99

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

麦小舎に暮らす
七ヶ月たより
川久保貴美子のモノ作りのはなし
j's kitchen
自然色の染めと織り ノノ...

カテゴリ

全体
Life
Bread
Dog
家作り
のはらでランチ
Backpakers
CANADA
食べ物

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧