バーバー

e0049598_12343267.jpgここは新宿2丁目。
私のおじいちゃんおばあちゃんの家。
免許証の本籍地。
ずっと「新宿2丁目」。
小学校低学年まで池袋に住んでたので、
私は母と手をつなぎ、姉は一人フラフラと歩き、新宿のおばあちゃんちによく行った。
「おねえちゃんと2人で行けるようになりなさい」
と言われ、電車の乗り換え、地下街の道、を必死で覚えよう、とした。
地下街。それはムリ。絶対覚えれない、って思ったのを覚えてる。

おじいちゃんは床屋さん。
床屋の目印赤と青のクルクル周るソレ。
昔は大きくて、地面からたってたと思う。

私が小学生の頃、家の周りはトルコ街。
そんなことわかりゃしない子供の頃。
一体なんなんだ、この豪華な派手な建物は。
この入り口にある囲いみたいなものは。
一体なんなんだ。
どうして人が誰もいないんだ。
でも、少し、怪しげ。かなり怪しげ。
大人には聞けない。
私たちが行く昼間は、
寝静まった繁華街の静けさ。
夜、泊まった時は、なんだか道路が騒がしい。
不思議な街。
そして時をへて、
私も大人になり、おばあちゃんちに行ったら、
そこはゲイの街へと変わってた。
ゲイの街にある本屋。
「入ってみようよ」
私の姉は私を誘う。
「やだよ。一人で行って来てよ」
姉は一人でつかつかとお店に入っていく。
ドキドキ
しかしすぐ帰ってくる。
「変な目で見られた」
と姉。
そういえばダンナとこの街を夕方歩いた時、
「目が光って、見られてる!こわっ!」
とダンナ。
「え?そう?」
とワタシ。
そう、ここは女の人にとって一番安全な場所。
そんな街の中にある床屋さん。
周りが変わっても今も変わらない床屋さん。
[PR]
by highway99 | 2008-01-07 12:53 | Life


セミセルフビルドで建てたログハウスでの田舎暮らしのブログ


by highway99

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

麦小舎に暮らす
七ヶ月たより
川久保貴美子のモノ作りのはなし
j's kitchen
自然色の染めと織り ノノ...

カテゴリ

全体
Life
Bread
Dog
家作り
のはらでランチ
Backpakers
CANADA
食べ物

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧