10年ぶりの再会

20代の頃に働いていた会社の同窓会に行った。
その会社、IT関係のベンチャー企業。
私が入社した頃まだ20~30人。
大阪に営業所を作った時だった。
それからグングン成長し、
売り上げ右肩上がりと共に、社員も100、200と増えていった。
そして株式公開。
私がやめたのはちょうど上場するちょっと前。
だから持ってた株、高く売れたよな~
それから、株式上場し、
どんどん外部から人が入るのと同じように、
もともといた社員はどんどん去っていった。
だから、かなりの人数が入れ替わった。

社長としては、同じ船に乗った若者たちが辞めた後
元気で仕事頑張ってやっていってるのか、
ずっと気になってしょうがなかった。

20代だった若者たちは、30、40となり
だんだん辛い立場にたつ側に入ってきた。

若い頃は、自分は何でもできる。できないのは、上司のせい、会社のせい、
人のせいにできていた。上の人たちのアドバイスには聞く耳を持たないとき。
でも30、40になると、人のせいにはできない。
上から、下から、はさまれて、自分でなんとか切り開いていかないといけない、
大変なとき。だから、みんなの話を聞きたい。
おやじとして、少しでもアドバイスできれば嬉しい
と社長は話し、
1人1人の性格を思い出し、
「○○くんは、生意気だったよね。頭がいいって顔してた。
だから転職を繰り返していくんじゃないかって心配だった。」
とか
「○○くんは失敗するんじゃないかと思ってる。
だけど、それも大切なことで、しょうがないことで、
でもそれを、なんとか乗り越えていってほしい。」
とか

会社を辞めた後、転職を繰り返した人、事業を興した人、家業を継いだ人、
どの人も、皆、結構厳しい中で働いている。
一生懸命、生きている。

「みんな色々ある。
厳しい世の中で働いている。
頑張ってほしい。
だけど、心まで、壊さないで。」

心を強く、困難にあってもそれを乗り越える力、
それが一番大切かも。
頭がいい、要領がいい、仕事ができる、何でもできる。
そんなことよりも、
打ちのめされても、前を向いていける強さ、
ある意味、能天気さ、が大切なのかも。
その力を、子供に付けさせてあげたい。
一緒に暮らせる間に。
どうやったらその力がつくのか、
それは今の私にはよくわかんないけど。
よく考えてみよう。
[PR]
by highway99 | 2008-09-08 14:12 | Life


セミセルフビルドで建てたログハウスでの田舎暮らしのブログ


by highway99

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フォロー中のブログ

麦小舎に暮らす
七ヶ月たより
川久保貴美子のモノ作りのはなし
j's kitchen
自然色の染めと織り ノノ...

カテゴリ

全体
Life
Bread
Dog
家作り
のはらでランチ
Backpakers
CANADA
食べ物

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧