カテゴリ:CANADA( 21 )

スティーブストン

e0049598_13492.jpgリッチモンドの端っこの港町のスティーブストン。行った途端に好きになる町ってあるけど、それはここだった。のんびりおだやか、古い町って感じ。でも多分避暑地リゾートでもある。ここは日系が多いと聞いていた。日本人が始めてこの地にやって開拓した場所らしい。
e0049598_1492927.jpg
サーモンがとれるみたいで船の上で売っている。海みたいだけど、川。川下。だから全然ベトベトしない。サラサラしてて風が冷たいくらいで、気持ちいい。食べたごはんはめちゃめちゃおいしかった。大きな肉厚のサーモンとお米、にんじん、ピーマン、ブルーベリーをいためてトッピング。
e0049598_1475215.jpg今まで食べた料理の中で一番おいしかった。サーモンはやわらかくてジューシー。ブルーベリーはほんのり甘くていいアクセントになってる。あーもう一度食べたい味。あとフィッシュ&チップスを食べてる人が多かった。きっとあれもおいしいんだろうなー。
e0049598_153018.jpgかわいい洋服屋さんや雑貨屋さん、お土産やさん、おもちゃやさん、町を歩いてる人は観光っぽい。
e0049598_1555182.jpg海?川沿いを歩くと昔のものが残ってる。1800年ごろここは大英帝国のサーモンの缶詰工場だったよう。でもその道をはさんで反対側は高級コンドミニアム。お花がいっぱい飾ってあって、あーゴージャス。ここはとっても人気のあるエリアなんだそうだ。
e0049598_204581.jpgその川をどんどん歩いていくと工場の建物が残ってたり、住んでた人の家が残ってたりする。200年前にはたくさんの人が働いていたみたい。
e0049598_9039.jpg対照的でしょ。右は現在の高級コンド。左は200年前の工場跡。でもよく残してくれた。
e0049598_915043.jpgこれは1930年頃に船を作りにきた日本人夫婦のおうち。ムラカミさんち。昔のまま、ほんとにここに生活があったのを感じる。タンスの中には日本の花札、おもちゃ。お茶の缶。日本人形。手作りの木のお風呂。きっちり残ってる。
e0049598_935379.jpg奥さんは10人の子供をここで育て、104歳まで、つい最近まで生きていたらしい。だからスティーブストンは日系が多く、日本の建物も見学できるようになっている。
e0049598_962929.jpgこの写真の奥がムラカミさんの船の工場。手前が住宅。奥の船作業場にはカンナ、スミツボ、後はよくわかんないけど、日本の宮大工とかの大工さんが持ってそうな工具がたくさん飾ってある。すごいな日本人。そして、ここには缶詰工場や造船所にたくさんの人が集まり小学校ができ、その集合写真が残っているが、かなりの子供の数がうつってる。
日本人を誇りに思う一面でありやした。すばらしい。それがちゃんと残っていること、これからもずっと残っていくであろうことに、カナダに感謝。100年も200年もたって、どこかの国から観光に来た人が始めてこんな人がここにいたんだ、って感じる。すごいことだ。私はすごいと感じることくらいしかできない。何かを残すなんて、残せるなんて、すごい。
e0049598_994492.jpgそして今度は町の方へ歩いていくと、community center発見。屋外プール発見。子供がたくさん利用してる図書館発見。大人がテーブルテニスしてるの発見。そしてたーくさんの子供発見。明るい雰囲気。どうやらsummer day campが終わったところみたい。スタッフは部屋に集まってmeeting中。あーいいなー。いい感じ。そして今日は誰でも参加できるBBQ PARTY。私たちもホットドックをもらいに列に並ぶ。子供が「タツーする?」と声をかけ歩く。手にはサインペン握り締め。そして手をあげる子の手に絵を描く。それがタツー。かわいい。
e0049598_916035.jpgそのイベントは大きな公園で行われてた。そしてそしてあふれんばかりの子供が。ブランコ、壁をクライミングしたり、アスレチックみたいなもの、川を自由に作れるようになってたり、たくさんの遊具があり、ちゃんと木のチップが引き締められてたり、なかなか楽しそう。いい感じ。
そして疲れきって、帰ったとさ。

今日はそこのプールに行きたいというので、オチビと二人でまたスティーブストンへ。その前にリッチモンドの中心地のcommunity centerに行ってsummer day campのキャンセルを。そこの側にいい香りのする中国人のパン&ケーキ屋さん発見。小腹がすいたから菓子ぱんを買う。オチビは「パイナップルパン」どうやらメロンパンのよう。私は「カレーパン」。なかなかおいしかった。うん。食パンも普通に6枚切りが売ってた。ケーキも日本的でかわいらしい。あーパン焼きたい。マイパン食べたい。

そしてその後バスに揺られスティーブストンへ。
あーやっぱりスキ。この町好き。
で、昨日のお店でみんなが食べてた「フィッシュ&チップス」をテイクアウトしに行く。
すると・・・すごい人!人!人!
金曜日だから?お店の前は待ってる人がいーっぱい。
そして歩いてる人も多い。やっぱりここはリゾート地なんだ。
そして、食べた。
めちゃめちゃおいしい。グレートワンダフル!
フィッシュは肉厚。皮は特に何もつけてないかのようで、パリっとあがってて、
まったく脂っこくない。オーストラリアで食べたフィッシュ&チップスとはまったく別のものだった。ほんとに、ほんとに、くどくてすみませんが、おいしかった。
あーまた食べたい。
私たちはもちろんsmallを。でも見ると大皿(しかも横に長い)にいっぱいのチップス。
そして私のサイズのフィッシュが何枚ものっかってる。
すっげー。そんな食べるんだ。
またまずは飲み物の注文が先で、必ずみんな大きなジュースやらを飲む。
私らは水。just water。
そんなにカロリーとって大丈夫?じゃないから、腰が大きいのね。いや、全部か。

腹ごしらえ終了し、プールへ。

そこで、ビーグル発見!初めてみた!小さいの。3歳。ちょっと太ってるけど、顔がひっぱられてなくてかわいい。なつかしかった。チョコー元気か?
うちもビーグルいるよ。2年だよ。と言ったのに「え、二匹?ビーグル二匹??」
とおじさん。信じられんという声。いやいやちがうよ。まさか。ビーグル二匹なんて。二人して笑った。そう、ビーグルは世界共通、やんちゃで、にぎやか、おちつきがないのでR。
おじさんとの散歩を見ると、まっすぐ前向いてクンクンしないで歩いてる。でもリードはピンとひっぱってある。でもかしこいじゃない?。でもおじさんから息子にリードがかわる。
クンクン始まる。動きまわる。なーんだ、いっしょじゃーん。

そうそうプールへ。日差しは暑いし、水もそんなに冷たくないけど、
入っていると私はどんどん寒くなってきた。
やっぱり空気がカラっとしてると、風がふいてひやっと感じる。
後半はオチビ一人楽しそうに水と戯れ、私は見学。

そんなこんなで、おうちに帰りました。
デジカメ忘れて残念。
ビーグルちゃん、とりたかったな。

そう、もう一人の人は、一人でUBCへ。
本人曰く「私、外国では、方向音痴じゃないのよ」「すぐわかるのよ」
いやいや、同じですから。同じでしたから。
何度説明しても、なかなか、方向トンチンカンでしたから。
大丈夫かしら。
地図も見ないし、人に聞きまくり、聞きまくり、楽しんで行ってることでしょう。
うん。きっとかなり楽しんでるはず。
[PR]
by highway99 | 2006-08-05 01:37 | CANADA

リッチモンドセンター

e0049598_0473077.jpgリッチモンドの中心地はリッチモンドセンターというモールのある所。そこは大きな横に長い(縦ではない)ショッピングセンターが広がっている。靴屋に服屋、kids、調理用具、どこの国も置いてるものは同じ。値段は日本の方が安いかも。うん。日本って安いんだ。再認識。フードコートで食べるものだって、セルフで紙皿に入っているのに、600~800円はする。高いよね?日本なら800円だせば、素敵なランチが食べられるもん。
カナダに来て初めて見た「セカンドカップ」あーなつかしー。フレンチバニラのラテを注文。
あーおいしー・・・けど、ぬるい・・・ぬるいなんて・・・
スタッフは二人で、なぜかとっても出てくるのに時間がかかる。
うん。これじゃあ、アメリカのスタバには負けるな。うむ。
がんばれカナダ!
e0049598_0585634.jpgリッチモンドセンターの周りには「ミノル」という名前がたくさん。ミノルプールにスケートリンク、公園、図書館、シニアハウス。とっても明るくて、いい雰囲気。
それぞれの地域にいろいろきれいな公共の施設community centerがあり、それぞれで、子供向けの習い事やイベント、シニア向けのサークル、トレーニングルームやプールの開放などなど。夏休みの長いカナダで、子供はサマーデイキャンプに入ってクラフトや外でのレクリエーションを楽しむ。誰でも入れる。visitorでも入れる。
オチビも申し込みしたんだけど、話したら、泣いちゃった。
英語わかんないもんーいやだーって。
やっぱりそっか。ま、いっか。
[PR]
by highway99 | 2006-08-04 00:53 | CANADA

引越し

e0049598_154163.jpg大きい人が日本に帰っていった。あっという間の1週間。さよなら。私たちはあと2週間。よろしくね。そして私たちも、安いおうちへ引越し。スーツケースガラガラ。
同じリッチモンドだけど、ここは広い。バスに揺られ、運ちゃんに降り場所教えてもらい、なんとか到着。ちっちゃいおうちだけど、キッチン、バス、トイレ共同。日本の犬もすんでいる。
e0049598_185762.jpgさあ、近所を散策しましょ。古い家を建て替えて、庭のフェンスをして、庭はコンクリートでうめてしまう。花もほとんどない。ガーデニングはしない。そう、そういう家は多分Chineseの家。だんだんいろいろわかってきた。リッチモンドの60%はChinese。なんだか少し怖い勢い。
近くには小学校、保育所がある。ショッピングモールもある。そこで、ハード系の有名なパン屋さん発見!おいしそー!食パン買った。四角い食パン。自分でスライス。厚めにスライス。日本のにはかなわないけど、大満足。おいしいぞ。ひとつ収穫。
[PR]
by highway99 | 2006-08-03 01:12 | CANADA

キャピラノサスペンションブリッジ

e0049598_6441362.jpgさあ、今日は早起きしてキャピラノのつり橋へ行きましょ。バスに乗り換えて行こうと思うとアレレ直行便は休日だけ。バスで待ってる隣の人に聞いたりバスの運ちゃんに聞いて、ついた所は「あれ、ここ?」ダウンタウンからスタンレパーク通って、バス乗り換えて、あっという間。やっぱり観光地。ゲートは行列ができてる。
e0049598_6473353.jpgまずは腹ごしらえ。日本風の6枚切りの厚みのある食パンのサンドイッチ。ハムとチーズとトマトとレタス。それだけだけど何故かおいしい。 さあ! 後戻りはしないよ!とオチビに宣言させ、いざ出発。んーーーー。長い。揺れる揺れる。二人がすれ違える程度の細い橋。向こうからくる人たち、重いと傾くつり橋。ひええー。でも余裕、余裕?。奈良のどこだっけ?山の中のつり橋より全然怖くない。安全。安心。おちびもヒエ~といいながら全然平気。
e0049598_6522937.jpg渡ると向こうは広い。いろいろ表示を読み勉強しながら歩く小道。ここの自然を、環境を守る勉強。この川は急だし、岩もゴロゴロしてるけど、強い硬い頭を持ったサーモンが上ってくる。疲れて死んでしまうサーモンも土や木の栄養になる。倒れた木には、昆虫が住み、みんなが何かの役にたっている。共存している。意味がなく死んでいくものは何もない。というような、ECOのお勉強。
e0049598_6565125.jpg辞書を片手に読んでいくけど、ダメ。全然のってない。ハハの電子辞書を見る。すごい。パーフェクト。なんでものってる。電子辞書ってすごいかも。
e0049598_6571768.jpgさあ、お勉強終了。サスペンションを戻りましょ。揺れて揺れて~。
さあ、こちでは何をする人ぞ。
e0049598_714727.jpg顔にペインティング。絵の具で顔に絵を描いてもらっている。太陽、猫、足跡、つり橋。子供がお母さんとやってきた。「さあ、なにがいい?」「サスペンションブリッジ」と子供。「o-ya-どこに書く?右の頬から左の頬まで書く?」と絵描きさん。「オーノーサンキュー!」と大きな丁寧な声でお母さん。なんだか大笑いしてしまった。
e0049598_754744.jpg帰りはシーバスで帰りましょ。さあ、バス停で地図を見てると、お約束のように隣の男の人が「どこに行くの?」と声をかけてくれる。あーすっごい親切。ノースバンクーバーの高級住宅街をグルグル走りながらシーバスへ降りてきた。さっきの男の人はこっちを見て「はい、ついたよ」って。ほんとみんな親切が当たり前。心地いい。
e0049598_781024.jpgノーバンの海は開発が進んでいる。もちろんダウンタウンサイドも。オリンピックに向けて建築ラッシュのよう。食材も、お店の食べ物も、なんだか高くなってる。10年前こんなに高かった?そんなことないと思う。やっぱりオリンピックの影響なのかな。
e0049598_710214.jpg今日は大きい人の最終日。ディナーはどこにしましょ?人がたくさんいるお店にきめた。ハハはあ、あれがいい!とウェイターが持っていったお皿を見て、他のウェイターに「あの、黄色のご飯みたいなのはなに?」と尋ねる。「多分それはシーフードサラダだよ」「じゃあ、それに」。えー、でもあれはサラダじゃないよね?ごはんだったよね??何がでてくるかワクワク。
出てきたのは、言ってたものの通り。けどどうみてもパエリア。なんでサラダなのー?
でもおいしいね。全部おいしいね。デザートもおいしいね。なんか繊細な盛り付けだよね。カナダっておいしいよねー。知らなかった。味いいよねーカナダ。

レシートには彼女が頼んだものは「パエリア」と書いてあった。
やっぱりあれはパエリア。サラダじゃない。
じゃ、なんで彼は「シーフードサラダ」と言ったの?
うん。彼にとってはサラダなんだよ。きっと。
[PR]
by highway99 | 2006-08-02 06:55 | CANADA

さっむー

e0049598_10103160.jpg今日は朝から雨。ほんとに寒くて朝方寒くて眠れなかった。午前中は本読んだり、宿題したり、まったり。お昼はごはんを炊いて、お味噌汁と、納豆、しゃけ。we are japanese!
午後から晴れてきたから、私とオチビは散歩。大きい人はVanvouverのMountain Exipiment coopというアウトドア専門店へ行ったりみんな別行動。
e0049598_10181858.jpg家の近所に小学校がある。小学校の校庭?は公園のようにopen。囲まれてなんていないし出入り口もない。誰もが自由に遊べる公園。ちょっと不思議。学校がお休みの間もスクールバスは走ってる。誰がのってるかって?シニアっぽい人たち。多分学校が休みの時は、福祉バスに変わるんじゃないかな?白馬なんてちょうどいいと思う。頼むよ、村長さん。
e0049598_10215989.jpg公園で遊んでからoffice depoという事務用品専門店へおみやげを買いに。ひやーおっきいね。天井までいろいろ積んである。でもカナダ製は少ない。やっぱりmade in ChinaかUSA。いろいろ買ってお会計したら$50!えー、ペンにノートに便箋にそんなんでそんなにするの?オーマイガー。意外と高いぞ事務用品。やっぱり日本がbestかも。
e0049598_1025826.jpge0049598_10273538.jpgそして隣のお店は雑貨屋さん。雑貨といってもこれまた半端じゃない大きさ。天井まで積んである。木のイスだって1つ$99。安いか高いかよーわからん。子供のおもちゃに、ビーズアクセサリー、フェルト、造花とにかくなんでもある。


今日も飛行機が真上を飛んでいる。
明日は晴れますように。
[PR]
by highway99 | 2006-07-31 10:29 | CANADA

フウセンください!

e0049598_12451258.jpg今日もどんより曇り空。グランビルアイランドにでも行きましょ。バスに乗ってさあ、降りましょ。
アレレ・・・通りすぎちゃった。橋の手前で降りないといけないのに、アレレ橋こえちゃった。
じゃあ、イエールタウンに行ってみよ。
ここは古いレンガ造りの建物の中を改装して、食べ物やさんや、服屋さんになっている。そこで今日はクラシックカーの展示イベントをしてた。
e0049598_12524268.jpg高級車がずらりと並び、人間と高級犬がいっぱい。犬は大きいのから小さいの、たーくさんいた。みんなちゃんと躾けられてて、うちのチョコみたいに色んな所におしっこひっかけたり、うんちしたり、他の犬のお尻をひつこく追いかけたりなんて、誰もしていない。みんな訓練所に行くんだろうな。あ、チョコも行ったんだった。忘れてた。
e0049598_12545940.jpgそこで食べたホットドック、おいしかった。パンにソーセージをのっけて渡される。そして自分でトッピング。ただそれだけだけど、ソーセージがおいしかった。イベントでは、ジュースをもらったり、水をくれたり、シェーバーをくれたり、ポップコーンくれたり。
e0049598_12582572.jpg風船がほしいオチビ。「風船もらってくる」と走った。
さあ、なんて言うんだろう?
大きな声で、はっきりと「フウセンください!!」。
ちゃんとゲットでしてきました。よし!
さ、次はグランビルアイランドに行きましょ。
聞くと、少し歩いて「アクアバス」という水上バスに乗ればすぐつくという。
e0049598_131237.jpgグランビルアイランドは土曜日ということもあって、すっごい人。外では大道芸が。それも観衆が多いのなんの。リアクションよいのなんの。これは日光猿軍団でもこんなにならんぞ。ひやー。すごいね。楽しければ笑う。大笑いする。観衆全員が笑いの渦となる。もちろん、終わりかけになって帰っていく、なんてありえない。最後までちゃんと笑って拍手して、お金をポトン。いいねー。やりがいあるだろうね。
e0049598_1381119.jpgパブリックマーケットはたっくさんの食材に、たっくさんのテイクアウトのお店がある。去年食べた所のホットドックもパン屋も健在。フルーツも盛りだくさん。ラズベリーにブラックベリー、ストロベリー、ブルーベリー、スイカ、ピーチ、プルーン、アメリカンチェリー、アプリゴット、バナナ・・あー、こんなにフルーツいっぱいあるなんて幸せ。そんな所に住みたい。
e0049598_13113826.jpgここのスープがおいしかった。カップの中にスープ。パイ生地でフタして、あっためて。なんだか、カナダって食べ物おいしいかも。今までは貧乏旅行ばっかりだから、外食は殆どしたことなかったから、よくわからなかったけど、今回いろいろ食べてみると味がいいんだわ。どっこも。
そんな感じの一日でした まる。
[PR]
by highway99 | 2006-07-30 12:59 | CANADA

まったり

e0049598_1319312.jpg毎日明け方寒く、朝日が入り始めると、グングン室内の気温があがっていく。だけど、今日は何時になっても寒い。9時。外を見ると曇り。空は真っ白。太陽がでないとこんなに寒いのね。そして長袖を着る。朝ごはんを食べ、ダラダラすごし、なんとなく今日はのんびりモード。
じゃ、おにぎりでも作ろっか、と。なつかしいでしょ?このお米。日本のお米とそっくりの味。
お昼は梅干と昆布のおにぎりと、ツナ肉じゃが、大根のお味噌汁。
んーっ!やっぱりJapanese food is great!
e0049598_13253314.jpgここのうちの男の子がピアノの練習を始め、みんなが集まる。Chinese Canadian、American Japanese、Japanese。3人でそれぞれ勝手にひき?まくる。
年齢は8歳、7歳、2歳。みんな、会話にはならないが(男の子は英語、オチビは日本語、2才の女の子は日本語だけど、言葉はまだまだ発展中)、なんだか楽しそう。
e0049598_1332536.jpgそのうち外で男の子とボール遊びが始まる。
お互いに言葉は通じないけど、仕草で笑いあうのは同じ。これもとってもとっても楽しそう。二人共ひたいに汗してる。
こんな感じで今日一日が終わる。近所に日本食の売ってるお店を発見。そこでしゃけと枝豆と豆腐と太巻きを買い、晩御飯。んーーーー。どこにいても日本食が食べれるのは幸せだな。

e0049598_13361581.jpge0049598_13383653.jpgダウンタウンの写真をもう少しだけ。
左はギャスタウンの蒸気時計。ま、どってことないものだけど、一応観光名所ね。
右はホテルバンクーバーの前。きれいなホテルを見つけて、トイレに行きます。これもお約束。そしておいてあるタオルなどをちょっとシッケイ。
明日は土曜日。しっかり朝から起きて、出かけてきます。
[PR]
by highway99 | 2006-07-29 13:35 | CANADA

ダウンタウン まっちゃんがすき

e0049598_1564058.jpg昨日は全員時差ぼけで夜中に目がパッチリ。おかげで、朝は10時くらいまで寝てたかな。
さあ、ダウンタウンにでも行きましょか、と出かけたのは1時すぎ。バスをのりかえ、1時間半くらいかけて到着。こんなに不便だなんて・・・
ロブソンを歩くと、すごい人、人、人。そして海の方へ歩く。
e0049598_15121479.jpg真ん中に見えるは、海の上のガソリンスタンド。奥はノースバンクーバー。やっぱりこの景色はいつ見てもいいなー。そこでワンコをつれてるおじさんに近寄って行き、昨日は花火見たか?すごいいいぞ。次は土曜だ。UBCのmuseumは世界一だぞ。などなど地図にいろいろ書いてもらった。自分は日本は京都と長野!に行きたいんだ。
e0049598_15165125.jpg犬を自分の犬のようにさわってるオチビを見て「きみはグッドトレーナーだ」とか言ってた。オープンカフェでお約束のナチョを食べて、ビールを飲んでたらそのおじさんやってきて、私らの側に犬をおいて「きみにまかせる」と言ってトイレへ。笑っちゃう。
そこのビールのメニューに「whistler beer」という字が。
頼んでみるとwhistlerでビールを作り始めたらしい。オリンピックだからっだろうな。
でもよく見ると周りではそれを飲んでる人ばかり。味はごくごくフツーだから、最近出始めたんじゃないかな?
e0049598_15213668.jpgそのカフェの横の芝生では、ヨガレッスンが行われたり、ビキニで日焼けしてるでぶっちょのお母さんがいたり、赤ちゃんがオムツで噴水で水浴びしてたり、犬がフリスビーを追いかけたり。
色んな人種がいて、色んなことを、好きなようにしていて、とってもスキな雰囲気。
e0049598_1525236.jpg穏やかな時間が流れていく。自由の中にいる、という感じ。こうしなきゃいけない、こうあるべき。なんて窮屈なものはない。あー。やっぱスキだ。カナダ。
帰りのバス。バスは2車両が連結されていて、長い。だから最後尾の出口がドライバーからは見えずらい?のかな。一人降りそこなった人がいた。扉がしまって、発車した。横にいた人が「back!」と叫び、扉をたたく。でもバスは長い。前の人も気づき、口笛ふいたりしてドライバーに伝える。すごいな、と思った。
e0049598_1533073.jpg今の日本だったら、きっと見て見ぬふりだろうな。目をそらすんだろうな。無関心なんだろうな。バックパックをしょった人に席を譲ったり、あたりまえのように、スっと行われる親切。日本を考えると寂しくなってしまった。。e0049598_15332173.jpg

ダウンタウンのいたるところにあるこの置物。くま。
さまざまな模様が描かれてある。なにかと言うと今年の秋にオークションにかけられ、
そのお金を身障者や子供たちのために使うとのこと。e0049598_15335829.jpg一体どんな人が買うんだろう。そしてどこに飾るんだろう。でも、結構かわいいんだわ。
[PR]
by highway99 | 2006-07-28 15:34 | CANADA

スーパーマーケット

e0049598_9491021.jpgさてさて、どこへ行こうか。
とりあえずトレイルがあったから歩きましょ。
トレイル脇にはブラックベリーや、さくらんぼなどがたわわになっている。
歩いて歩いて、道が細くなっていって・・・
そしたら大きな通りに出た。
また適当に歩いていくと、
おおおおおおきなホームセンター?が。
e0049598_9492779.jpg倉庫みたいな所に入ると、電化製品から、洋服、食品、生鮮野菜、が天井まで積み上げられている。生鮮野菜や果物は、1区画が冷蔵庫になっていて、人はその中に入っていって選ぶ。なんて大胆。すべてが大きい。箱売り。チョー安い。バースデーケーキなんて大きな四角のスポンジに、生クリームどばっとのせて、絵を描いて、ベルトコンベヤーで包装してできあがり。ああ、豪快。
e0049598_9494095.jpgさあ、フルーツをもってレジへ。あれれ?memberという文字が・・・聞いてみると、memberになるには最低$50いるらしい。じゃあ、食料はどこでゲットできるの?そこから歩いて15分くらいという。それじゃあ、歩きましょ。
炎天下の下をオチビは地面をにらみつけながら歩き、やっとついたのは「ヤオハン」
ヤオハンの中には「大阪超級市場」(多分高が抜けてるんだと思う)が。
e0049598_9495999.jpgその名の通り、日本にないというものはないくらい。豆腐、納豆、大根、味噌、ポッキー。→
これは魚介類。エビ、カイ、カニ、イカ、見たことのない巨大な貝が水槽に入ってる。
食べ物やさんで、大切なこと忘れてた。
ここはカナダ。すべてが大きい。
食べ物一人前は絶対一人で食べきれないことを。気をつけなくちゃ。デブデブになっちゃう。

今は夕方、と思ったら、7時だった。
9時くらいまでは明るい。
夜は長い。
[PR]
by highway99 | 2006-07-27 09:59 | CANADA

家の周り

e0049598_2462134.jpg本日も晴天なり。さわやかな風がふいてて、
とっても気持ちいい~
前回来た時は、時差ぼけがひどくて、
夜中ぱっちりくっきり目が覚めて、
数日間まったく寝れなく、鼻炎薬で眠りについたけど、
今回は1度目が覚めたけど、知らぬ間にまた寝てた。
みんなよく寝てた。と思う。
e0049598_2481662.jpg9時ころ起きて、パンかじって、今に至る。
とりあえず、写真を、と思い、
家の周りの果樹園?個人のお庭になってる
ひめりんご、野ぶどう、ブルーベリー。
白馬で見るブルーベリーは私の背丈くらいか、
それ以下なんだけど、ここのは大きい。
私の背よりずーっと大きい。
その上を見上げると、お酒にできる野ぶどうが。
e0049598_2483480.jpgトレイルの脇には野生のブラックベリーがたわわになっている。
これまた大きい。
そう、ここはバンクーバーのダウンタウンから20分程南下した、
郊外住宅地なんだけど、自然がいっぱい。
マイハハはブラックベリーやブルーベリーを
とりたくてしょうがないみたい。
とりあえず、今から外出準備をしなくちゃ。
それじゃあ、see you later
[PR]
by highway99 | 2006-07-27 02:58 | CANADA


セミセルフビルドで建てたログハウスでの田舎暮らしのブログ


by highway99

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

麦小舎に暮らす
七ヶ月たより
川久保貴美子のモノ作りのはなし
j's kitchen
自然色の染めと織り ノノ...

カテゴリ

全体
Life
Bread
Dog
家作り
のはらでランチ
Backpakers
CANADA
食べ物

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧